男女

名刺をデータ化させれば便利に活用することが可能

スマホと上手に連携

スーツ姿の人達

データで社内共有

日々社外の人と関わる事が多い仕事をしている人の場合、多くの名刺を交換する事も多いでしょう。取引先の名刺は日々その数が増え、名刺ケースに収納出来ない程数が多くなってしまう事もあります。名刺ケースで管理をしている場合、必要な時すぐに取り出せないデメリットがあり、数が増えれば増える程探すのが難しくなるでしょう。そこでお勧めの管理方法が、データ化して管理する方法です。この方法で今まで紙でしか管理出来ていなかった名刺を全てネット上で管理が出来るため、必要に応じてキーワード検索が可能となり、必要な情報を探すのに多くの時間を必要としないでしょう。まず名刺データ化アプリを探し、スマートフォンで一つ一つ写真撮影をしましょう。撮影した写真から、その人の名前や住所、電話番号からメールアドレスまで自動的に読み取り、データ化して保存する事が出来ます。つまり、写真撮影した名刺が自動的にデータとして読み込み、データ化した電話帳としての管理も可能となります。近年は仕事でスマートフォンを利用する人も多い中、外出中に顧客の連絡先を知りたい場合、すぐに検索する事が出来ます。ネット上にデータを管理しているため、いつでもどこでもアクセスが出来るメリットがあり、アプリによっては無料で利用が可能な場合もあります。近年は社内資料や紙をデータで管理する方法が促進される様にもなり、普段の仕事をより効率化し、そしてデスク回りもスッキリとするでしょう。

コールセンターの中枢

男性

コールセンターを構築するときに必要な機器の一つにPBXがあります。自動呼分配機能を有しているこのPBXは、非常に高額な製品となります。比較する際には、管理機能やコントロール機能などもすべてパッケージになっているため、利便性も追及が必要になります。

業者の得意分野や実績確認

社内

ネットショップの運営はさまざまな作業が発生しますしノウハウも必要になります。運営代行業者に委託することでノウハウを持った人材育成のコストや手間を軽減することができます。業者を選ぶ際は、費用面の確認だけではなく、自社のニーズに合ったサービスがあるか、運営代行の実績が豊富にあるかを確認しましょう。

無駄な時間を減らし統一化

会社員

記述の多い営業日報は、書くほうも読むほうも苦痛でした。そこで支援ツールでは、記号や選択肢方式に変えることで、作業を減らし統一した日報にするなど工夫を加えています。また外出先でスマホなどでも使用でき、移動時間に記入報告が出来ます。空いた時間を今後の戦略会議に充て、さらなる業績につなげることが可能です。