男性

名刺をデータ化させれば便利に活用することが可能

コールセンターの中枢

男性

コールセンターなど、電話業務をメインで行う事業を設立するときに必要になる機器の一つにPBXがあります。PBXは、自動的に電話回線をコントロールし、呼分配を行う機能を有しています。音声ガイダンスやアナウンスを流すことも可能になっています。しかしPBXの価格はとてつもなく高いのです。数千万円は億を超える金額になる場合もあるのです。数多くの会社がPBXを販売していますが、その中のどの企業の製品を採用するのかは非常に大事なポイントになります。比較検討する際に重要なのが機能面です。サイズは、電話回線の容量によって決まります。各社様々なサイズを展開していますが、いざ、業務が拡大するときなどにサイズの変更や拡張できるのかを事前に比較検討しておくことが大事なポイントになります。再度巨額な投資を行うのか、汎用性があるのかは大きな違いがあるのです。更に電話機などとの互換性も検討しなければなりません。呼分配情報から、現在の電話回線状況などを管理、コントロールできるシステムが同時に利用できる点も最近のPBXの魅力なのですが、そこの部分を切り離して他社製品を利用することはできないのです。あくまでもすべてのコールセンター機器のパッケージ版として販売されています。管理やコントロールなどの使い勝手も比較して検討することが必要となります。基本的にPBXは高額な出費となります。そのため、念入りに比較検討して決断することが最も大事な部分と言えるでしょう。